関電社長、原発再稼働で国に暫定安全基準策定を要望 – ロイター

2011-11-25

関電社長、原発再稼働で国に暫定安全基準策定を要望
ロイター
「停止中の原子力の再稼働が不透明で、原子力損害賠償支援機構に拠出する一般負担金の水準が見えていない。電気事業をめぐる不安定要因がまだぬぐえていない中で、社債の発行が難しい環境にある」(八木社長)という。現在は、銀行借り入れとCP(コマーシャルペーパー)

Copyright(c) 2011 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業