阪神大震災20年「減災社会へ市民・NPOの役割は」 関係者・識者3氏座談会 – 日本経済新聞

2015-01-17

阪神大震災20年「減災社会へ市民・NPOの役割は」 関係者・識者3氏座談会
日本経済新聞
阪神後、新潟県中越地震や能登半島地震、中国・四川大地震をはじめ国内外の約50地域で被災地支援にかかわってきた。3.11では直後から岩手県遠野市を拠点に大槌町、釜石市、大船渡市、陸前高田市で神戸大の学生たちと避難所を回り、足湯などに取り組んだ。震災関連死は、避難所でのストレスが大きな

and more »

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業