防災、節電対策など前進 観光業の損害賠償 対象限定的など課題 – 47NEWS

2012-07-19

防災、節電対策など前進 観光業の損害賠償 対象限定的など課題
47NEWS
防災対策、節電対策など幅広い分野で前進が認められたが、観光業界への原発事故に伴う損害賠償の対象地域が限定的であることなど課題も残ると指摘。また、6月6日時点での県内被害総額は2292億円に上り、同総研が2月にまとめた総額より380億円増加したことも

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業