集団ADR申し立て 福島・浪江町民「苦難、理解されない」 – 読売新聞

2013-05-31

集団ADR申し立て 福島・浪江町民「苦難、理解されない」
読売新聞
東京電力福島第一原発事故で被った精神的苦痛の損害賠償を巡り、福島県浪江町民が29日に集団で申し立てた裁判外紛争解決手続き(ADR)。 町が代理人を務め、1万1602人と町民の半数超が名を連ねた背景には、「避難生活の苦しみが理解されていない」との怒りや不満
福島・浪江町「原発事故の慰謝料増額」1万人集団申し立て―月10万円を35万円にJ-CASTニュース
1人月10万円を35万円に増額要求 原発事故の「慰謝料」に驚きの声livedoor
原発ADR、浪江の1万人超が申し立て 町が代理人朝日新聞
毎日新聞 –FNN –河北新報
all 16 news articles »

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業