電柱に避難場所など記載 蓮田市が協定書、地域情報を発信 – 埼玉新聞

2016-03-13

埼玉新聞

電柱に避難場所など記載 蓮田市が協定書、地域情報を発信
埼玉新聞
市役所で行われた締結式で、協定書に署名した中野和信市長は「避難場所になる公共施設や防犯に関する啓発、地域に必要なさまざまな情報を発信していきたい」とあいさつ。東電タウンプランニングの小池猛埼玉総支社長は「蓮田市内には約1万1千本の電柱があり、約500本 …

Copyright(c) 2016 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業