震災、噴火、竜巻も さいたま市が防災計画 – 読売新聞

2012-06-05

震災、噴火、竜巻も さいたま市が防災計画
読売新聞
原子力災害対策では「広域放射能汚染」を想定し、大規模避難の受け入れ、住民や避難者の外部被曝(ひばく)の簡易測定の体制整備、乳児への優先的な飲料水の供給などを盛り込んだ。 直下型の大規模地震が発生した場合は、死者約2900人、重軽傷者計5万8000人以上、

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業