震災後 続く生活保護 首都圏で受給500世帯中、今も315世帯 – 東京新聞

2012-12-26

東京新聞

震災後 続く生活保護 首都圏で受給500世帯中、今も315世帯
東京新聞
三百十五世帯を都県別でみると、東京都が最多の百十八世帯で、次いで茨城七十三世帯、神奈川四十五世帯、埼玉四十三世帯、千葉二十四世帯、栃木八世帯、群馬四世帯。このうち、受給世帯の46%に当たる百四十五世帯は福島県から避難を続けている人が占め、最も多い

Copyright(c) 2012 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業