飯舘の春いまだ遠く 福島・松川第1仮設から(3)守る者の重責/「までい着」よみがえる – 河北新報

2014-02-22

飯舘の春いまだ遠く 福島・松川第1仮設から(3)守る者の重責/「までい着」よみがえる
河北新報
同居する娘のとも子さん(62)は、避難後に体を壊して製造業の会社のパートをやめ、「働かなくては」と仕事を探す。 縫い物は農家の冬仕事だった。近所や呉服 会場はにぎやかで、東京や埼玉の息子たち、孫やひ孫が会いに来た。幸せに出合えた」. 2014年02月22日土曜日.

and more »

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業