飲料水備蓄、遅れる公立 – 朝日新聞

2013-05-11

朝日新聞

飲料水備蓄、遅れる公立
朝日新聞
ところが、これを前提にして飲料水を備蓄している埼玉県内の公立学校は昨年3月末時点で、全体の2~3割にとどまっていた。ほかの避難物資と比べても、一番の基本となる水の備蓄の遅れが目立っている。 □置き場所の確保困難. 調査は文部科学省の要請に応じたもの。

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業