餅つきやダルマ絵付けで交流 加須の避難所 ボランティアら企画 – 東京新聞

2011-12-26

餅つきやダルマ絵付けで交流 加須の避難所 ボランティアら企画
東京新聞
同センター代表の富沢トシ子さん(66)らが、加須市内のボランティア団体や、同校にみそ汁を提供しているさいたまコープ、市内の避難者にも声を掛けて準備をしてきた。 餅つきは支援者と避難者が一緒になって行い、福島県内で親しまれているエゴマをかけた「じゅうねん

and more »

Copyright(c) 2011 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業