首都圏の直下型地震 東信の一部で最大震度5弱の予想 – 信濃毎日新聞

2013-12-21

毎日新聞

首都圏の直下型地震 東信の一部で最大震度5弱の予想
信濃毎日新聞
県内は被害が少ない分、首都圏の被害者や避難者の受け入れ先としての役割も期待されており、発生時に素早く対応できるよう広域的な連携態勢の強化も求められる。 具体的な震度を推計した内閣府の検討会は、中枢への影響が特に大きい都心南部を震源とする 首都圏の直下型地震のうち、県内への影響
首都直下地震、M8なら死者7万人 政府業務は地方へ移転案もハフィントンポスト
東京都、自衛隊と初動ルール 首都直下地震対応日本経済新聞
死者最悪2万3千人、経済被害95兆円 M7級の首都直下地震被害想定 中央防災会議MSN産経ニュース

all 136 news articles »

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業