高まるウェブブラウザ偽装による被害をどう防ぐ?あえて自分での見極め放棄という手も – Business Journal

2013-06-10

Business Journal

高まるウェブブラウザ偽装による被害をどう防ぐ?あえて自分での見極め放棄という手も
Business Journal
4月末以降、いくつかのウェブブラウザでアドレスバー部分が偽装される可能性があるという脆弱性が発表された。URLそのものが偽装される可能性があったのは、Android版の「jigbrowser+」などだ。このほかに、Windows向けの「Sleipnir for Windows」では、実際にはSSL

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業