鳥取で初の条例 広めたい「手話は言語」 – 東京新聞

2013-12-02

鳥取で初の条例 広めたい「手話は言語」
東京新聞
これは、さいたま市で最近報告された一種の差別ともいえる事例の一つだ。 彼らが、はなから企業に採用を拒まれたり、日ごろ好奇の目にさらされる例は少なくない。災害時に避難指示が的確に伝わらず命にかかわることも。障害や手話への偏見、無理解からくるものだ。 鳥取県 

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業