鶴ケ島・メガソーラー内の環境学習施設 議論重ねて設計案決定 – 東京新聞

2013-08-27

東京新聞

鶴ケ島・メガソーラー内の環境学習施設 議論重ねて設計案決定
東京新聞
市は同施設の太陽光発電装置と蓄電池、蓄電池から電気自動車(EV)に給電する設備を整備。災害時に避難所ともなる公民館など6カ所に、EVから電力を供給する体制を整え、防災機能も持たせる方針。9月補正予算案に施設の活用費用として約2330万円を盛り込んだ。

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業