(4)古里離れ、子どもたちの心の傷癒えず – 読売新聞

2014-06-21

(4)古里離れ、子どもたちの心の傷癒えず
読売新聞
栃木県の親戚宅に妻と、2歳、3歳の息子2人と避難した後、すぐに単身で、双葉町の仮役場が置かれた埼玉県へ。町の子どもを受け入れた同県加須市立騎西小に、双葉南小と併任の形で勤めた。今春の町立学校の再開に合わせていわき市に移り、家族と暮らす。 「古里が同じ …

and more »

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業