1人当たり医療費、都道府県で最大1.5倍差 地域差縮小が急務 – 日本経済新聞

2015-09-04

1人当たり医療費、都道府県で最大1.5倍差 地域差縮小が急務
日本経済新聞
厚生労働省が3日発表した2013年度の医療費の都道府県別分析によると、1人当たり医療費が最も低い千葉(41.5万円)と最高の高知(64.2万円)で約1.5倍の差が開いたことが明らかになった。「西高東低」の傾向にあり、医療費の抑制には地域差の縮小が急務だ。 1人当たり …

and more »

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業