2013年、秋/福島・なみえ交流館(上)望郷/寂しさ共有、心に活力 – 河北新報

2013-10-29

2013年、秋/福島・なみえ交流館(上)望郷/寂しさ共有、心に活力
河北新報
避難生活での運動不足の解消を図って町が月1回開く体操教室に参加している。 1時間半のプログラムが 妻(71)と避難生活を送る。福島市の次女(43)、さいたま市の長女(46)の元を頼ったが、「故郷の近くにいたい」と昨年9月、いわき市に中古住宅を求め、落ち着いた。

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業