3号機差し止め 「リスク背負ってもやる」 仮処分申請の住民ら /愛媛 – 毎日新聞

2016-06-01

毎日新聞

3号機差し止め 「リスク背負ってもやる」 仮処分申請の住民ら /愛媛
毎日新聞
記者会見で「伊方原発をとめる会」の草薙順一事務局長は「仮処分で原発が止まり、訴訟で敗訴した場合、四電から多大な損害賠償を求められる可能性がある」と、仮処分申請のリスクを説明した。 それでも債権者となった福島県出身の牧師、須藤昭男さん(74)=松山市=は「 …

and more »

Copyright(c) 2016 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業