3年で108億円! 巨額弁護士費用で賠償逃れする東電の「親身・親切」とは? – 夕刊アメーバニュース

2015-04-06

3年で108億円! 巨額弁護士費用で賠償逃れする東電の「親身・親切」とは?
夕刊アメーバニュース
東日本大震災から4年が経ったが、福島第一原発事故で避難生活を余儀なくされている人たちの復興が進まない。 その原因のひとつに、東京電力が雇った弁護士軍団がある。彼らは損害賠償請求の裁判で、とんでもない論理を展開し、被害住民をさらに苦しめているというのだ。

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業