4割が身の守り方知らず 竜巻被災校の小中学生 – 日本経済新聞

2014-01-27

4割が身の守り方知らず 竜巻被災校の小中学生
日本経済新聞
埼玉、千葉両県を襲った昨年9月の竜巻で、被害が最も大きかった埼玉県越谷市にある小中学校5校の小3~中3生への調査で42.6%が当初、「身を守るために何をすればよいか分からなかった」ことが27日、熊谷地方気象台(埼玉県熊谷市)などへの取材で分かった。 竜巻発生前には72.4%が「真っ黒い雲が近

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業