4年間250~650万円で調整 原発賠償、帰還困難区域の事故後7年以降 – 福島民報

2013-12-11

福島民報

4年間250~650万円で調整 原発賠償、帰還困難区域の事故後7年以降
福島民報
文部科学省の原子力損害賠償紛争審査会(会長・能見善久学習院大教授)は9日、同省で開かれ、東京電力福島第一原発事故に伴う帰還困難区域の被災者の精神的損害賠償について、事故発生後7年目の平成29年から事故10年後の33年まで4年間の支払額の試算結果を 
原子力損賠審査会:指針案 避難長期化に賠償引き上げなど毎日新聞
移住先の住宅購入支援=原発賠償、新指針で原案—紛争審ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
「帰還困難」精神的損害、一括賠償へ…原賠審案読売新聞
NHK –asahi.com –MSN産経ニュース
all 19 news articles »

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業