<双葉「仮の町」>いわきに移り3年 道半ば – 河北新報

2016-06-25

<双葉「仮の町」>いわきに移り3年 道半ば
河北新報
東京電力福島第1原発事故で一時、埼玉県加須市に役場ごと避難した福島県双葉町が、いわき市に役場機能を移して6月で3年となった。現在は町民の3割に当たる2081人(6月1日現在)が市内に暮らす。町域の大半を帰還困難区域が占める中、町はいわき市南部に避難生活 …

Copyright(c) 2016 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業