<福島県議選>双葉町 語れぬ将来 – 河北新報

2015-11-04

<福島県議選>双葉町 語れぬ将来
河北新報
県内に58%、県外に42%が避難する。原発事故後、埼玉県に役場機能を置き、13年6月にいわき市に移転。県が同市勿来に整備する災害公営住宅(190戸)は医療・福祉施設などもそろう「ミニ仮の町」となる計画だが、用地買収が遅れ、15年度末の完成予定が17年度後期に …

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業