<適少社会>農家のありのまま共有 – 河北新報

2016-06-07

<適少社会>農家のありのまま共有
河北新報
埼玉県所沢市のデザイナー関口雅代さん(40)は、被災地の農家支援ボランティアを通じて白石さんと知り合った。13年11月、心筋梗塞で父を亡くした。その数日後、白石さんが焼香に来た。2週間後、落ち込む母の元に野菜が届いた。「親戚のような関係ってこういうことなんだ」。

Copyright(c) 2016 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業