<震災5年>原発賠償・奪われた古里 住民問う – 河北新報

2016-03-21

河北新報

<震災5年>原発賠償・奪われた古里 住民問う
河北新報
東京電力福島第1原発事故の被害者が国や東電に損害賠償を求めた訴訟が仙台、福島両地裁で審理されている。原子炉建屋3棟が水素爆発して放射性物質が広範囲に放出されるという事故の特殊性を反映し、訴訟対象の損害は財産の喪失から家族の離散、自殺まで多岐 …

Copyright(c) 2016 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業