[現場から] 稲わら供給地・宮城県 風評害で取引激減 保管場所 もう限界 – 日本農業新聞

2013-01-28

[現場から] 稲わら供給地・宮城県 風評害で取引激減 保管場所 もう限界
日本農業新聞
全国屈指の稲わらの供給地、宮城県で県外向けに稲わらを生産する農家が、東京電力福島第1原子力発電所の事故による「風評被害」で窮地に陥っている。放射性セシウムが国の基準(暫定許容値)を下回っても取引を断られ、保管する場所も限界だ。損害賠償の基準(指針)を

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業