ADRで東電と和解5割 – 読売新聞

2013-05-18

ADRで東電と和解5割
読売新聞
原発事故で東電が示す中間指針に基づいて、損害賠償の範囲が決められているが、それでは個別の事情には対応しきれないため、双方から事情を聞き取った上で、和解を目指す。申し立てに費用がかからないのも、特徴の一つだ。 同センターによると、5月10日までに6361件
双葉町民の本賠償未請求900人 消滅時効排除町が国に要望福島民報

all 2 news articles »

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業