ASKA被告、起訴内容認める=求刑3年、9月判決―覚せい剤取締法違反・東京地裁 – ガジェット通信

2014-08-28

ASKA被告、起訴内容認める=求刑3年、9月判決―覚せい剤取締法違反・東京地裁
ガジェット通信
覚せい剤や合成麻薬MDMAを使用したなどとして、覚せい剤取締法違反などの罪に問われた歌手のASKA被告(56)=本名・宮崎重明=の初公判が28日、東京地裁(植村幹男裁判官)であり、ASKA被告は起訴内容を認めた。検察側が懲役3年を求刑して公判は即日結審。

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業