DV避難後の支援強化 「ケア身近に」埼玉県が体制拡大へ – 朝日新聞

2015-06-03

DV避難後の支援強化 「ケア身近に」埼玉県が体制拡大へ
朝日新聞
県は、夫婦やパートナー間で起きる暴力「ドメスティックバイオレンス」(DV)の被害者の心のケアプログラムを、今年度から全県的に広げる。DV相手から避難した後の母子への支援体制が不十分だったとして、今年度末までにケアを行う人材を約60人養成して各地に派遣。

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業