UR さいたま市の防災公園整備へ設計 – 建通新聞

2015-08-05

UR さいたま市の防災公園整備へ設計
建通新聞
UR都市機構東日本都市再生本部は、さいたま市北袋町1丁目の防災公園街区整備事業区域内に設ける「防災公園」の設計をスタートさせる。芝生広場をメーンに配置し、災害時には一時避難場所となる面積1㌶の規模で、2015~18年度の4カ年で事業を進める予定。

Copyright(c) 2015 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業