今を生きる 大学生自ら仲間勧誘 意欲刺激、痛み受け止め “自前”の学び場さらに充実 – 福島民報

2013-08-08

福島民報

今を生きる 大学生自ら仲間勧誘 意欲刺激、痛み受け止め "自前"の学び場さらに充実
福島民報
小高区のフリースペースは「学習意欲がない」「仮設住宅に居場所がない」「塾もない」という避難生活で、子どもたちの学力低下を懸念する保護者の努力によって昨夏始まった。小高小中学校児童生徒親の会が、市や市社会福祉協議会に働き掛けて補助金を得た。義援金も活用した。 さいたま市から参加し

and more »

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業