2年間で261人減 県内への避難者は306人 – チューリップテレビ公式サイト

2013-03-11

2年間で261人減 県内への避難者は306人
チューリップテレビ公式サイト
このほか、栃木県や千葉県、埼玉県から避難している人もいます。 県内で避難生活を送る人の数がもっとも多かったのは、震災発生直後のおととし3月24日の567人で、この時と比べると現在はおよそ54パーセントにまで減っています。 県の公営住宅は、今のところ3年間、無償

Copyright(c) 2013 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業