セブン&アイ、物流センター内に燃料備蓄基地を建設 災害時の物資搬送に利用 – 財経新聞

2014-05-08

セブン&アイ、物流センター内に燃料備蓄基地を建設 災害時の物資搬送に利用
財経新聞
同基地は、燃料の販売・配送事業を手掛ける三和エナジー(神奈川県横浜市)との協業で、埼玉県北葛飾郡杉戸町にあるイトーヨーカ堂の物流センター敷地(約650坪)内に災害発生時の緊急物資搬送用として燃料400キロリットルを常時備蓄するもの。建設コストは約4億円。 燃料の内訳は、緊急配送として利用する

Copyright(c) 2014 原発被害救済弁護団(埼玉) All Rights Reserved./平成23年度社会福祉振興助成事業